読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vague memory

うろ覚えを無くしていこうともがき苦しむ人の備忘録

Mackerel事始め check-plugin ログ監視 仕様変更の影響

2017/02/24 追記

再度仕様変更が入ったようなので追記します。
以下の通り修正されたようです。そのため本記事の内容は一時的な変更となりました。

2017-01-27の告知ブログでお知らせしました通り、アラートの通知先が Slack やメールのときに、その件名が一定以上の長さになる場合は128文字で切り詰める対応を実施していました。 こちらの対象をメール通知の件名のみに変更し、 Slack などは元の仕様どおり、すべて表示されるように変更しています。

追記終わり。


通知メッセージの省略

実際はログ監視そのものではなく通知の仕様変更です。
元々ある程度(1,000 bytes位?)で文字数制限はあったようですが、 128文字制限 となりました。

通知の件名が一定以上の長さになる場合、省略するようにしました

Slack への通知メインで使用していたので、個人的にこの変更は少々悲しい結果となってます。

びふぉー

f:id:htnosm:20170129053050p:plain

あふたー

f:id:htnosm:20170129053051p:plain

変更前は通知内容(Slack)で内容を把握できたのですが、詳細を確認するため LINK を踏むという一手間が増えてしまいました。

メール通知

メール通知は使用していなかったので通知してみると、returnオプションで返されるログ部分も含めて件名に設定されています。

f:id:htnosm:20170129053052p:plain

この仕様ですと確かに省略したくなりますね。 メール件名のみログ本文内容を削るという変更だと良かったのですが。。。残念です。