読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vague memory

うろ覚えを無くしていこうともがき苦しむ人の備忘録

Datadog MonitorからSNS経由でLambda起動

Datadog から SNS(Amazon Simple Notification Service) への通知ができるということで、 Datadog → SNS → Lambda → Slack で通知情報に+αで情報付与をしてみます。

f:id:htnosm:20170218155648p:plain

題材

Lambda で実行可能な物でしたら何でも良いのですが、常々不便を感じていた CloudFront のエラー通知で試してみました。

CloudFront で ErrorRate 上昇時に Datadog から Slack へ通知します。 これは Datadog の通常の機能(Metric Monitor)で実現できます。ですが、CloudFront の Tag は取得していないようで通知メッセージには DistributionId しか出力されません。

f:id:htnosm:20170218155640p:plain

DistributionId で判別するのは中々敷居が高いので CNAME と OriginName を後追いで付与します。

1) Monitor 通知先の作成

通知先として使用する Slack と SNS の設定です。
Datadog の Integration ページの Configuration 記載内容に沿って各種設定を行います。

1-1) Slack

Incoming WebHook を作成します。

Datadog 側への設定に Webhook URL が必要になりますので、Slack の Configure Apps に追加します。

f:id:htnosm:20170218155641p:plain f:id:htnosm:20170218155642p:plain

1-2) SNS

使用する SNS Topic を作成します。

例では dd-alert という名前で作成しました。

f:id:htnosm:20170218155643p:plain

通知先設定の確認

正常に登録できていれば Datadog の Monitor 作成画面で選択可能になります。

f:id:htnosm:20170218155644p:plain

2) Datadog Monitor の作成

Lambdaの関数を起動するトリガーとする Monitor を作成します。
例では 5xx Error Rate のメトリクスを使用しました。 尚、5xx Error Rate 等の未発生のメトリクスは Edit で選択できないので、初回は直接 Source に書く必要があるかもしれません。

通知先として作成した Slack Incoming WebHook と SNS topic の2つを指定します。

f:id:htnosm:20170218155645p:plain

avg(last_15m):max:aws.cloudfront.5xx_error_rate{*} by {distributionid} > 10
5xx Error Rate over {{#is_alert}}{{threshold}}%{{/is_alert}}{{#is_warning}}{{warn_threshold}}%{{/is_warning}}
{{^is_recovery}} @slack-notice @sns-dd-alert {{/is_recovery}}

3) Lamdba Function の作成

アラート通知が発生した際に実行したい関数を作成します。 Slack通知がメインとなるため cloudwatch-alarm-to-slack-python をベースに作成しました。 IAM role へは CloudFrontReadOnlyAccess を付与しています。

f:id:htnosm:20170218155646p:plain

Environment variables に作成した Slack Incoming WebHook と SNS topic を設定します。

f:id:htnosm:20170218155647p:plain

例ではSNSを受け取り、通知された DistributionId を基に CNAME と OriginDomainName を取得します。

実行例

アラート発生した場合に通知される内容の例です。 タイミングにより通知される順序は前後します。

f:id:htnosm:20170218165648p:plain

f:id:htnosm:20170218165647p:plain


今回題材にした CloudFront の名称取得はその内 Datadog 側で対応してくれそうですが、
アラート受けてから別に確認していた情報を付与、実行していた処理を自動実行させる等、 色々と応用が効きそうです。