読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vague memory

うろ覚えを無くしていこうともがき苦しむ人の備忘録

Mackerel事始め pluginインストール

Mackerel ヘルプ を読み進めながら実装中です。

f:id:htnosm:20160326004010j:plain

Mackerel の agent をインストールしただけの状態では、OSの基本メトリクスの収集のみですが、pluginを導入することで追加メトリクスの収集が可能になります。

mackerel-agent-plugins

ミドルウェア監視ができるようになります。 AWS ELB、RDS等の監視も agent-plugin を使用します。

公開されているコード mackerelio/mackerel-agent-plugins を見てみると、 メジャーなミドルウェアAWSサービスが含まれているようです。

mackerel-check-plugins

プロセスやログ、ポートの監視は check-plugin を使用します。

こちらもコードが公開されています。 mackerelio/go-check-plugins

インストール

yumもしくはapt-getでインストールするだけなので、Agentインストール時に併せてインストールしてしまって良いと思います。

mackerel-agent

Mackerelへログイン後の スタートガイド を参照すると手順がありますが、plugin導入の前提となるため一応記載します。

rpmパッケージ

# yumリポジトリ登録
$ curl -fsSL https://mackerel.io/assets/files/scripts/setup-yum.sh | sh
# インストール
$ sudo yum install -y mackerel-agent
# 設定ファイルへapikey登録
$ sudo sed -i.bak '1s:^:apikey = "*****"\'$'\n'':' /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf
# 起動
$ sudo /etc/init.d/mackerel-agent start
# 自動起動設定確認
$ chkconfig --list mackerel-agent
mackerel-agent  0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

debパッケージ

# aptリポジトリ登録
$ curl -fsSL https://mackerel.io/assets/files/scripts/setup-apt.sh | sh
# インストール
$ sudo apt-get install mackerel-agent
# 設定ファイルへapikey登録
$ sudo sed -i.bak '1s:^:apikey = "*****"\'$'\n'':' /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf
# 起動
$ sudo /etc/init.d/mackerel-agent start

ログ確認

$ tail /var/log/mackerel-agent.log
2016/04/01 14:59:39 INFO <main> Starting mackerel-agent version:0.30.0, rev:7d278aa, apibase:https://mackerel.io
2016/04/01 14:59:39 INFO <command> Start: apibase = https://mackerel.io, hostName = *****, hostID = *****

plugins

rpmパッケージ

$ yum install mackerel-agent-plugins mackerel-check-plugins

debパッケージ

$ apt-get install mackerel-agent-plugins mackerel-check-plugins