読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vague memory

うろ覚えを無くしていこうともがき苦しむ人の備忘録

Mackerel事始め mkr(4) dashboards

mackerel

f:id:htnosm:20161012181150p:plain

mkr v0.11.1 で dashboardsサブコマンドが追加されています。

公式に詳細説明があります。

が、どういう風に見えるのかは載っていないので、説明にある内容でのダッシュボード表示を試してみます。

dashboards

mkr v0.11.1 以上で dashboards コマンドを使用できます。

$ mkr help | grep -A 1 -e VERSION -e dashboards
VERSION:
   0.11.3
--
     dashboards
     help, h     Shows a list of commands or help for one command

dashboards help

機能は今の所 generate のみです。
-p 付与で標準出力へ、オプション無しだと Mackerel への反映となります。 同一名称(url_path)のダッシュボードが既に存在する場合でも、上書きされます。

$ mkr dashboards generate -h
NAME:
    generate - Generate custom dashboard

USAGE:
    mkr generate

DESCRIPTION:
    A custom dashboard is registered from a yaml file.
    Requests "POST /api/v0/dashboards". See https://mackerel.io/ja/api-docs/entry/dashboards#create.


OPTIONS:
    --print, -p  markdown is output in standard output.

ホストグラフ指定

ホストとメトリックを指定するホストグラフの一覧

ホストグラフの例を表示します。 複数ホスト・メトリックを縦横に並べたダッシュボードの生成になります。 f:id:htnosm:20161012175529p:plain

個別グラフ指定

サービスメトリックや式によるグラフなどを個別に指定するグラフの一覧
- service_name のみの指定でサービスグラフ
- service_name, role_name の指定でロールグラフ
- host_id の指定でホストグラフ
- query の指定で式によるグラフ

ここで言うサービスグラフは サービスメトリック であり、サービス名指定でロールを跨いでの表示ができるわけでは無いようです。
個別グラフの例を表示します。手頃なメトリックがなかったので指定しているメトリックは変えています。 f:id:htnosm:20161012175530p:plain


yamlを定義しておくことで履歴管理、ある程度の使い回しができるようになります。 WebのUIでURLコピー&ペーストで作成するよりは作成しやすいかなと思いました。